1. >
  2. >
  3. 医師が開業するために必要なものって?
病院

医師が開業するために必要なものって?

投稿者: | 2017年10月18日

Q:医師が独立、開業するためには何が必要になる?

医師は医療施設、また医療福祉施設や研究を行う企業等で働いています。
医療施設については総合病院や大学病院、クリニック等様々な形態がありますが、病院へ勤務するのではなく、独立、開業される医師もいます。

医師免許を取得し、独立開業する場合、いきなり独立するということは少なく、総合病院等で経験と実績を積み、資金をためてから独立することが多いのですが、独立するためにはどのような事が必要になるのでしょうか。

A:医師として開業するためにまず必要になるのは経験と実績

医師免許を取得してからすぐに医師として開業するということはほとんどありません。
医師としての知識や技術も企保天気な事、基礎については医師としての勉強や研修等で見についているとはいっても、実際に臨床の現場でしっかりと患者さんに対応できる力を養う必要があります。

そのため、大学病院や総合病院などで臨床の経験を積み、患者さんと向き合い様々な病気の治療に携わり、実績を積んでから開業ということになりますので、多くは10年以上の臨床医としての経験を積み開業するという方がほとんどです。

A:開業に必要な設備投資への資金も必要

独立、開業を考える時には資金も必要となります。
レントゲンにエコー、CTスキャンなど、かなりの設備投資が必要となりますし、病院自体、開業するために建築するということになると、さらに多くの費用が掛かります。

飲食店などを開く際にも資金がかかりますが、病院を開業するとなると、医療機器をそろえる必要があり、その資金が多額になります。

購入して終わりということはなく、人の身体を検査したり病気の有無を調べる、経過を知るということで利用する機器は常に正確なデータ、結果が必要となるため、メンテナンス費用、維持費も考えておかなければならないのです。

規模の大きさによっても違いがありますが、小規模なクリニックなどの開業であっても、看護師、事務などの人件費がかかりますし、ある程度の規模の病院となれば検査技師なども必要になってきます。

病院の人件費は一般的な業種とは違い、医療専門職の方を雇用することになりますので、給料もそれなりの額が必要になるので、資金はしっかりためておくことが必要になります。

A:コンサルタントを利用する医師も多い

病院の開業については、資金についてもしっかり考えておかなければなりませんが、病院を作るということを考えるのですから、患者さんが病院に来てくれるか、ということも考えなくてはなりません。

すでにご家族が病院を経営されている場合とは違い、自身が独立開業するとなれば、患者さんの確保ということも考える必要があるので、土地の選択という面も調べが必要となります。
そのため、こうした開業については専門のコンサルタントに依頼することも多いです。

土地の選定、経営計画、さらに資金調達もそうですし、病院を開業するための行政への手続きなど、医師が一人で行うのは大変です。
専門的知識を持ち、実績と経験があるコンサルタントに依頼し、経営のサポートをしてもらうということも考えることが必要となるでしょう。