1. >
  2. >
  3. 医師の1日って?
聴診器

医師の1日って?

投稿者: | 2017年9月20日

Q:お医者さんはどのような1日を過ごしているのか?かなり激務?

病院で治療をしてもらうために、長い時間待つこともあり、医師はかなり忙しいのだろうなと想像できますし、人の命に係わる事もある仕事なので、精神的にもタフじゃないと務まらないだろうな・・・と、治療してもらう側としてかなり忙しいというイメージを持っている方が多いと思います。

一般的に医師は病院、クリニック等で活躍されている方が多いので、病院で働く医師の忙しい日々はどのようなものなのか、実際にある1日を切り取ってみてみると、激務であることがよく理解できます。

A:医師の仕事は忙しい、時にランチが取れないということもある

クリニックなのか病院なのかによっても1日のスケジュールに違いが出てきますが、病院ということでみてみると、8時30分くらいに出勤し、白衣に着替えて診察する患者さんのカルテを準備し、医療器具などを整える事から始まります。

開院すると忙しく患者さんの診察、治療に当たり、午前診察が終了して短いランチタイム、さらに午後の診療に入り夕方診療終了、資料の整理や医療器具などの発注等必要な処理を行い帰宅となります。

午前と午後に診療時間が分れていますが、実際にランチタイムをとる事が出来ない日もあり、午前の診察が長引けばその分、ランチの時間は短くなりますし、時にランチの時間が取れず、そのまま午後の診察に突入するということもあります。

外食でランチを・・・ということは難しく、通常お弁当を食べたり、院内の食堂を利用する、またカップラーメンやおにぎりだけで過ごすという医師も少なくありません。

A:救急がある、産婦人科となればさらに激務となる

救急がある病院の場合、医師が多い総合病院なら救急担当などがいると思いますが、開業医などの場合、救急患者が入ってくると一旦診察を止めて、救急患者の治療に当たり、それから診察に戻ってくるということもあります。

また産婦人科医の場合、お産はいつあるかわかりませんし、入院されている妊婦さんもいますので、緊急手術が必要となったり、夜間や早朝でもお産が始まれば、病院にいかなくてはならず、さらに激務となる事もあります。

企保的に医者は突発的な患者さんにも対応しなければならないので、開業医などは自分の時間があってないようなものです。

A:研究医の場合は一般企業の方と同じような働き方になる

研究機関で医学について研究を行っている研究医という場合、一般企業の会社員同様の働き方に近く、朝出勤し夕方帰宅するという流れになり、病院勤務の医師とは違い、夜勤、呼出などもありません。
参考案件:研究の求人【テンプR&D】
学会への参加などがあると海外出張になる事もありますし、研究が佳境に入ると夜遅くまで仕事をするということもありますが、一般的な病院で働く医師よりも、自分の時間をとりやすい業務といえます。