1. >
  2. >
  3. 助産師のリンク集

助産師のリンク集

投稿者: | 2014年5月21日

新しい命の誕生の現場を支えるのは、医師だけではありません。
多くの産婦人科病院では医師をサポートし、安全で健康的な出産を支える助産師が忙しく働いています。
助産師とは資格職です。

助産師

厚生労働省の免許を取ることが必要で、その定義として、助産またはじょく婦、新生児の保健指導をなりわいとする女子を指すと決められています。
出産の際の手助けだけでなく、妊婦さん、そして生まれた新生児すべてをサポートしていくのが助産師の役割です。
助産師は赤ちゃんがお腹の中にいる頃から、妊婦さんに医学的な見地からのアドバイスや観察を行い、出産後の生活に備えたさまざまな知識や方法を伝えます。
いざ出産となると、最も妊婦さんの頼りになるものとして付き添い、分娩のサポートをします。
へその緒を切り、浣腸をして助産業務をするのですが、中には産婦人科医ではなくほとんど助産師が赤ちゃんを取り上げるという病院もあるくらいです。
出産後には新生児の沐浴などのお世話をすると同時に、新米のママさんに授乳の仕方や赤ちゃんの健康を守るための観察の仕方などを教えます。
このように幅広い仕事内容をかかえ、命を見守るのが助産師の仕事なのです。
長時間労働で出産間際のお母さんを支える体力と精神力、更には命を預かる使命感も助産師にとって必要な大事な資質と言えるでしょう。

公益社団法人助産師会

助産師には、公益社団法人助産師会という協会があります。
http://www.midwife.or.jp/
こちらのサイトを見ると助産師とはどのような仕事をしているのか、またどのようなサポート体制があるのかということを確認することができますよ。
助産院を開業するためのサポートや、乳腺炎などママたちが抱えるトラブルの解決法等、助産師にとって必要な情報もこちらでチェックすることができます。
助産師になるにはまず看護師の資格を取ることが必要です。
http://www.nurse.or.jp/nursing/international/icm/
こちらのサイトでは公益社団法人日本看護協会の中の国際助産師連盟の情報をチェックすることができます。
過去の大会内容などはぜひチェックしておきたいコンテンツです。
これから助産師を目指す方にはこちらのサイトがお勧めです。
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/josanpu/
厚生労働省のこのサイトでは助産師の受験要項が詳しく書かれています。
助産師になる道のりは大変なものですが、命を預かりともに誕生の喜びを分かち合える一生ものの仕事なのです。