1. >
  2. >
  3. 医師のリンク集

医師のリンク集

投稿者: | 2012年7月21日

「厚生労働省」

http://www.mhlw.go.jp/
医師を管轄する行政機関。医療に必要な各種統計調査、報道発表資料、政策情報、
厚生労働白書などを公表する一方、医師の労働条件の整備や職業の確保を図る。

「社団法人日本医師会」

http://www.med.or.jp/
国内の医師を会員とした学術専門団体であり、
「医道の高揚、医学及び医術の発達並びに公衆衛生の向上を図り、社会福祉を増進すること」
を目的に、地域医療の構築や医師・医学生を対象としたセミナー開催など、
様々な活動や提言を行なっている。

「日本赤十字社」

http://www.jrc.or.jp/
紛争や災害、病気などで苦しむ人を救うための活動・支援を行う人道機関。
東日本大震災の時の日本赤十字社の活動は記憶に新しいところです。
平時では献血や救急法等の講習なども行なっている。

「独立行政法人国立がん研究センター」

http://www.ncc.go.jp/jp/
日本における死因の1位は「がん」である。
その「がん」の治療研究の拠点が国立がん研究センターであり、
がんの解明と発症予防、高度先駆的医療の開発、人材の育成などを行う。

「社団法人日本臓器移植ネットワーク」

http://www.jotnw.or.jp/
日本での臓器移植斡旋を行う唯一の機関。
死後に臓器を提供してもよいという人(ドナー)やその家族の意向を活かし、
臓器を提供してもらいたいという人(レシピエント)に
最善の方法で臓器が贈られるように橋渡しをする。

「公益財団法人エイズ予防財団」

http://www.jfap.or.jp/
これまで世界で7000万人以上が感染し、その半数がすでに死亡しているHIV感染症・エイズ。
日本では現在でも患者が増加傾向にあるエイズに関して、最新の情報を収集・提供し、
患者・感染者の社会的支援やエイズに関する普及啓発などを行う。
また、NGO・NPOに対する補助金交付などのサポートも行う。

「公益財団法人日本医療機能評価機構」

http://jcqhc.or.jp/
国民の健康と福祉の向上と発展させるため、医療の質の向上と信頼できる医療の確保させる
事業を行う公益財団法人。
ただし、審査を受けているのは全体の4分の1に過ぎず、定着しているとは言い難い。

「公益財団法人日本中毒情報センター」

http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf
化学物質などを原因とする急性中毒がおきた時にどのような行動を取れば良いのか、
医療従事者や一般国民に対して情報提供を行う機関。

「LSD辞書プロジェクト」

LSD(ライフサイエンス)辞書プロジェクトは、生命科学の学問領域で使われる専門用語や用法、
和訳などを行うプロジェクト。京都大学大学院薬学研究科が中心となって行われており、
辞書はパソコン用IMEツール用になどに無料で配布されている。